カメル

ただのオタク。見た漫画やアニメ、映画のことや日常のことなど。怪盗ジョーカーにハマっています。

ボールルームヘようこそ、12話まで見て好きなシーンを一つあげる。

ボールルームヘようこそ、12話まで見ました。

 

そんな私が一つあげる好きなシーン。

 

第9話のこのシーンから。

 

 

多々良くんと真子ちゃんペアのダンスシーン。

種目をどんどん勝ち進んでいき、最後の決勝戦

 

 

 

f:id:kushimochi_miso:20180107190805p:plain

 

「準決勝で自分の限界はわかった」

 

「もう僕はいいんだ」

 

f:id:kushimochi_miso:20180107190841p:plain

 

「僕自身は上手だねって褒めてもらえなくてもいい」

 

 

f:id:kushimochi_miso:20180107190925p:plain

 

 

(回想の真子ちゃん)「私を花にしてください!」

 

 

f:id:kushimochi_miso:20180107190726p:plain

 

 

「答えるよ」

 

 

f:id:kushimochi_miso:20180107191047p:plain

 

「答えさせて…!」

 

 

 

第9話のタイトル「花と額縁」

 

この言葉には意味があります。

 

 

スンマセン自分では説明できないのでこちらのブログより引用…。

 

「花と額縁」という言葉があります。作中でも使われているこの言葉は、主にものごとを絵画にたとえて言った言葉です。花となるべき“絵”の周りを、その絵にふさわしい額縁が飾ることで初めて“芸術”として完成する。どちらが欠けても「作品」として成立しないということを表した言葉です。花は女性、額縁は男性のことを指しています。

 

多々良くんが真子ちゃんとダンスを踊ることに見出した花と額縁の意味…。

真子ちゃんから私を花にしてください!と言われてそれに答えたダンス…!

 

いいシーンでした…。

何度も繰り返し見てしまいます…。

 

ただ真子ちゃんとは一時的にカップルを組んでいただけなので12話からの新展開で果たして多々良くんはどう変わっていくのか…!?

 

残りの話数も楽しみです!